子宮の腫瘍の良・悪性をPET画像診断で判別

福井大医学部婦人腫瘍科の教授グループは、PETの画像診断を利用して、子宮の腫瘍が良性の筋腫か悪性の肉腫なのかを手術なしで正確に判別できる検査薬剤と手法を開発したと発表しました。

従来、肉腫が疑われた場合は、手術で組織を摘出して検査する病理診断が一般的でしたが、手遅れになることも多く、今回の新たな検査方法でで診断を迅速化することにより、不要な手術を減らし、患者の負担を軽減できると期待されています。

がん医療が複雑化するなか、がんの治療を専門とする腫瘍内科医のニーズは高まっており、繊維制度もできた今日、腫瘍内科 医師 募集を行う医療機関は増えることが予想されます。


[PR]
by doctor_job | 2011-09-06 19:20
<< 国民医療費の抑制と医師不足のジレンマ 慢性閉塞性肺疾患の薬 >>