気をつけたい性病の症状

がんが疑われる患者さんの細胞を採取して、顕微鏡で観察し、細胞が正常かどうかを確かめる検査のことを細胞診といいます。異常な細胞、つまりがん細胞が見つかれば、がんと診断されます。

検査にかかる時間は対象となる臓器によって異なりますが、組織を採取するためにかかる時間はほんの数分で痛みは殆どありません。

例えば、子宮頸がんの細胞診であれば、膣に綿棒のようなものを入れて軽くこするだけでOKです。また、膀胱がんであれば尿を採取したり、肺がんであれば痰を採取して、中に含まれている細胞をチェックします。細胞診断の後には、病気の確定診断を行うために生検を行います。

おりものの量が増えたり、異臭がする、不正出血がある、尿道から膿が出るなどは女性 性病 症状の典型的なものです。自覚症状のある方は婦人科を受診して検査を受け、早期治療に努めるようにしましょう。


[PR]
by doctor_job | 2010-12-25 19:20
<< 薬剤師も勉強になる「患者向け医... GOT・GPT、ガンマGTPは... >>